琉球古典音楽」カテゴリーアーカイブ

琉球古典音楽公演情報‐琉球古典音楽独唱会「個聲の色ーここのいろー」

沖縄県立芸術大学大学院生による古典の公演がありますのでご紹介致します。
琉球古典音楽独唱会「個聲の色ーここのいろー」
琉球王朝時代に生まれた
琉球古典音楽を
平成に生まれた若者は
どのように表現するのか
(フェイスブック紹介ページより抜粋)
演奏曲:仲風節、述懐節 他
3月24日(金)18時半開場、19時開演
沖縄市民小劇場 あしびなー
料金
大人500円
学生300円(大学生以下)
【出演】歌三線
徳田泰樹 親川 遥 窪田めぐみ 仲嶺良盛
【監修】山内昌也
【制作】寺園未希
プレイガイド:沖縄市民小劇場あしびなー
チケット予約:kokonoiro.okigei@gmail.com
琉球古典音楽にこれまで触れたことのない皆様、学生さんとは言え皆さん日頃から舞台で活躍されて
いる方々ですので、是非足を運んでみては如何でしょうか?

沖縄伝統芸能公演情報‐よなは徹「たったひとり歌会Vol42」東京渋谷

ポップスから民謡、古典まで幅広いご活躍をされているよなは徹さんの歌会が東京渋谷で開催されますので
ご紹介致します。

2017年3月16日(木)

『たったひとり歌会 vol.42』

場所 Live&Pub Shibuya gee-ge
http://www.gee-ge.net/
東京都渋谷区宇田川町3-10 いちごフィエスタ渋谷4F
時間 開場 19:00 / 開演 19:30
料金 前売 3,000円 / 当日 3,500円
+1DRINK 600円

※入場は整列順
※料金は当日受付での現金精算

<ご予約>
○ gee-ge TICKET予約ページ
http://www.gee-ge.net/ticket/2886/
○ MAIL予約
日付・会場・お名前・枚数を明記の上、
ticket@yonaha-toru.com
まで予約メールをお送り下さい。

<お問い合わせ>
Live&Pub Shibuya gee-ge
TEL:03-6416-3468

以上よなは徹フェースブック公式ページより。

よなは徹オフィシャルホームページ



沖縄伝統芸能公演情報‐琉球古典音楽 女性地揺の会しほら

琉球古典音楽の公演情報です。
女性だけの地揺の会しほらの公演が平成29年3月3日(金)に行われますのでお知らせ致します。

日時:平成29年3月3日(金)
場所:国立劇場おきなわ小劇場
時間:19時開演(18時半開場)
前売:2000円(当日500円UP)
お問い合わせ先:(島袋)090‐1949‐7621(森田)090‐8292‐5291

第一部 琉球古典音楽独唱

こてい節  (歌三線) 金城恵
赤田風節  (歌三線) 玉城あゆみ
仲村渠節  (歌三線) 新垣恵
源氏節   (歌琴)  新垣加代子
世渡節   (歌三線) 糸数くるみ
仲風節   (歌三線) 森田夏子
下出し仲風節(歌三線) 島袋奈美

第二部 舞踊地揺
真境名本流創作集
巌の松     真境名由康創作
乙女笠     真境名由苗創作
いちゅび小   真境名由苗創作
藍千鳥     真境名由苗創作
海のちんぽーら 真境名由苗創作
ーーーーーーー
うむい綾糸   複曲 玉城あゆみ 新垣めぐみ
        作舞 真境名あき

しほらとは:
女性地謡の会しほらは、舞台活動の場の開拓と、琉球古典芸能の継承に積極的に関わっていきたいとの趣旨から、会派をこえ実演家を志す女性が集まり結成しました。  
琉球古典音楽に使用される琉歌の中には「しほらしさ」という女性を形容する言葉があります。
上品で落ち着いた美しさ、奥深さがあって心がひきつけられるというこの言葉の意味のように、魅力的な地謡を目指したいという思いを込め、会の名を女性地謡の会しほらとしました。
(公パンフレットより)

女性だけの地揺の会しほら、男性の地揺とまた違って華やかです。歌声も皆さんとても素晴らしいです。
暖かくなりつつある春3月、ひな祭りの日に琉球古典音楽と琉球舞踊を楽しまれてみては如何でしょうか?
お勧めです!

「第一回玉城和樹独演会 時分の聲」-沖縄伝統芸能公演記録-

琉球古典音楽安冨祖流絃声会 師範の玉城和樹さんが1月29日(日)に第一回独演会を開催しました。
私も埼玉から飛行機の乗って国立劇場おきなわまで足を運んでまいりました。
その名も「第一回玉城和樹独演会 時分の聲」
玉城和樹さんは人間国宝西江喜春先生の愛弟子で、沖縄県立芸術大学大学院、国立劇場おきなわ第一期組踊研修を修了、現在琉球舞踊や組踊の地揺や琉球歌劇を始め沖縄芝居の地揺として大変活躍されている若手奏者です。
ここ数年、私が大好きな琉球歌劇の劇団伊良波の地揺も務めていらっしゃいます。
玉城和樹さんは私が大好きな歌三線の奏者の一人でして、この方の歌声はとても素晴らしいです。
玉城和樹さんはもともと野村流保存会に属していましたが、高校生の時に西江喜春先生の歌声を聴き、弟子入り志願をされたそうですが、何度も断られ続け、やっと入門を許されたそうです。
この公演、玉城和樹さんの歌声を堪能したばかりではなく、踊りで出演される立ち方さんや賛助出演される方もすごい方ばかりで、歌三線、踊りととても堪能できた1日を過ごす事ができました。
プログロムを紹介致しますと、
第一部
古典音楽独唱 「作田節」
女踊り 「柳」    「踊り」佐辺良和
二才踊り「高平良万才」「踊り」川満香多
雑踊り 「花風」   「踊り」金城真次
内組踊 「加那ヨー天川「踊り」嘉数道彦・宮城茂雄
第二部
組踊  「二童敵討」
阿麻和利   宇座仁一
鶴松     金城真次
亀千代    玉城匠
母      新垣悟
供1     川満香多
供2     佐辺良和
供3     嘉数道彦
きゃうこ持ち 大浜暢明
古典音楽独唱 「仲風節」
賛助出演 琴 池間北斗 笛 入嵩西諭 胡弓 新垣俊道 太鼓 宮里和樹
皆さん沖縄伝統芸能の第一線で活躍されている大変人気のある方々ばかりで超豪華でした!
個人的には組踊「二童敵討」の家来が豪華だなと思いながら聴いておりました。
日時:平成29年1月29日
場所:国立劇場おきなわ小劇場
開場:午後13時半 開演:14時
独演会の日CDも発売になりました!
詳細については下記の国際貿易さんのホームページをご覧くださいませ。
通販でもお買い求め頂け、送料も無料です!

スポンサーリンク

沖縄伝統芸能公演情報‐「沖縄・八重山 魂の謡~上野の杜に谺する古典民謡とユンタ~」

沖縄伝統芸能公演情報です。

「沖縄・八重山 魂の謡~上野の杜に谺する古典民謡とユンタ~」と題して東京上野の東京文化会館にて
沖縄八重山の古典民謡の公演が開催されます。
新緑眩い季節、東京で沖縄の八重山の歌に耳を傾けてみては如何でしょうか?

「沖縄・八重山 魂の謡~上野の杜に谺する古典民謡とユンタ~」
(OKINAWA・YAEYAMA Traditional Songs)
■出演
沖縄県指定無形文化財 八重山古典民謡技能保持者
伊良皆髙吉ほか
■日時
2017年5月15日(月)
開場18:30 開演19:00
■場所
東京文化会館 小ホール
Tokyo Bunka Kaikan (Ueno)
台東区上野公園5-45 (03-3828-2111)
(JR上野駅 公園口より徒歩1分)
■入場料
前売券¥2,500 当日券¥3,000(全席自由)
■チケットのご購入は
東京文化会館チケットサービス
03-5685-0650(1月31日販売開始)
■主催
八重山古典音楽協会 関東支部
■お問合せ
八重山古典音楽協会内 沖縄音楽三線教室
03-3252-8544
■メールでのお問い合わせ
okinawaongaku34kyousitsu@gmail.com

よなは徹 「たったひとり歌会」

よなは徹さんの「たったひとり歌会」のスケジュールをお知らせ致します。

2017年【たったひとり歌会】スケジュール
○ 2月9日(木) 沖縄料理居酒や こだま – 東京・小岩
○ 3月16日(木) Live&Pub Shibuya gee-ge – 東京・渋谷
○ 4月13日(木) Live&shot.bar Tarumassyu – 東京・西大井
○ 6月11日(木) 沖縄料理居酒や こだま – 東京・小岩
○ 7月13日(木) 島唄カーニバル – 東京・大久保
○ 7月16日(日) 十九の春 – 北海道・函館
○ 7月17日(月) 十九の春 – 北海道・函館

よなは徹Official Web


https://www.yonaha-toru.com/

春節のかりゆし2017‐うふうたげ‐supported by 田嘉里酒造‐in 東京代官山

『春節のかりゆし2017』
「うふ。うたげ。」supported by 田嘉里酒造

沖縄・田嘉里酒造さん による新商品 / 大山原(うふやんばる)。
泡盛を飲んだことのない方にも、女性にも、とっても飲みやすい泡盛だそうです。
その、うふやんばるを多くの方に知っていただくべく、よなは徹さんを迎え、素晴らしい唄とともに楽しい宴が開催されるようです。
チケットにはうふやんばる付き。

日時 2017年2月5日(日)
場所 晴れたら空に豆まいて
        渋谷区代官山町20-20 モンシェリー代官山B2
時間 開場 11:45 / 開演 12:15
料金 前売 3,000円 / 当日 3,500円 (泡盛1杯付き)

<ご予約・お問い合わせ>
晴れたら空に豆まいて  TEL:03-5456-8880
Mail予約 
TEL予約 

美味しい泡盛とよなは徹さんの歌声を堪能しに出かけてみては如何でしょうか?

琉球古典音楽安冨祖流朝一会‐第一回照喜名朝國独演会‐2011年12月

2011年当時、沖縄伝統芸能組踊立ち方や芝居役者としてもご活躍されている宇座仁一さんがブログをされて
いて、日々のお弁当(沖縄のお弁当は安くてボリューミーで美味しそうなのです)等をUPされていたのですが、そこの記事の中に、琉球古典音楽安冨祖流朝一会の照喜名朝國さんが独演会をされると書いており、その公演の第二部で琉球歌劇「泊阿嘉」が上演され、小嶺和佳子さんや宇座仁一さんも出演されるとの事でしたので12月、国立劇場おきなわ小劇場で行われた照喜名朝一独演会にやって来ました。
以下当時の日記より転載

沖縄に来ています。
今夜は国立劇場おきなわ小劇場で行われた「照喜名朝國独演会」にやってきました。
第二部で歌劇「泊阿嘉」を上演すると知り、是非観たい!と思ったのでした。
第一部は照喜名朝國さんの歌三線
1曲目は「仲節」
上演に先立ち30分の長い曲なので子守唄代わりにお聞きくださいのアナウンスが入り「うわっ、長
っ!と思ったのですが、いやー素晴らしかった!!!聞きほれていました。
次の曲は「十七八節」
これも素晴らしかった!結構長めの曲なのですがいい曲でした。
古典っていいなぁと改めて思いました。
続いて舞踊が入ります。
「東方スーリーサー」と「加那ヨー」「日傘踊り」
地謡は人間国宝の照喜名朝一です。踊りも特別出演で玉城節子と玉城秀子とすごい先生方が
踊ります。観ていて動きがしなやかだなぁと思っていました。
一部の最後は「人盗人」
朝國さんのお子さんが子供役で出演されてます。
以前「仲直り三良小」でも観たことありましたが、この子すごいなぁと関心してしまいました。
盗人役は以前東京の舞台でも演じていた玉城盛義
この演目も素晴らしかった!

さて休憩を挟んで第二部
歌劇「泊阿嘉」の開演です。
配役は乳母 嘉数好子、樽金 神谷武史、思鶴 小嶺和佳子、阿嘉の父宇座仁一、船頭と伊佐の父高宮城実人、下男上原信次の面々です。
今回の配役観て、うわっ是非観たい!!と思っていました。
やっぱり期待したとおり、素晴らしい舞台でした。
思鶴役の小嶺和歌子さんはとても綺麗でした!
乳母役の嘉数好子さんとのやり取りはとてもいいです。
地謡は照喜名朝國さんが勤めていましたが、いい声だなぁと思いながら聴いていました。
今回本当に素晴らしい公演で、見逃さなくてよかったと思ったのでした。

以上当時の日記より転載

このようにこの時の公演では琉球古典音楽と琉球歌劇をダブルで楽しめ、しかも大ファンになった
小嶺和佳子さんの舞台も観れて大変満足した公演だったのでした。

琉球古典音楽公演情報‐野村流古典音楽保存会‐「春のおとずれ」

東京では珍しいがっつり琉球古典音楽を楽しめる公演のご案内です。
今年3月ですが琉球古典音楽野村流保存会比嘉康春三線教室女性師範による歌三線演奏会
「春のおとずれ」と題し東京の日本橋で開催されます。
日時:平成29年3月19日(日)
時間:午後6時半開演(午後6時開場)
場所:お江戸日本橋亭
入場料:2500円(前売)2800円(当日)
演目
第一部: 女こてい節、高平良万才、むんじゅる、伊野波節、古典の彩節、平敷節、大兼久節、
     金武節
第二部: 春の訪れ、ナークニーカイサーレ、仲村渠節、赤田風節、本花風節、百名節、
     さあさあ節、
立雲節
出演 歌三線 屋比久和子 比嘉いずみ、片本恵利、日高桃子
琴   玉城奈美恵 新垣勝美
笛   大城聖
お問い合わせ先
(沖縄)090-6856‐6643(比嘉いづみ)
(東京)080-1238‐3216(日高桃子)
(MAIL)momoko.hidaka@gmail.com
</a>  </a> ※琉球舞踊はありません。
暖かくなりつつある春3月、琉球古典音楽にがっつりと浸って楽しんでみては如何でしょう?
場所の確認は下記リンクをご覧ください。

「第一回玉城和樹独演会 時分の聲」-沖縄伝統芸能公演情報‐-

琉球古典音楽安冨祖流絃声会 師範の玉城和樹さんが1月29日(日)に第一回独演会を開催します。
その名も「第一回玉城和樹独演会 時分の聲」
玉城和樹さんは人間国宝西江喜春先生の愛弟子で、沖縄県立芸術大学大学院、国立劇場おきなわ第一期組踊研修を修了、現在琉球舞踊や組踊の地揺や琉球歌劇を始め沖縄芝居の地揺として大変活躍されている若手奏者です。
ここ数年、私が大好きな琉球歌劇の劇団伊良波の地揺も務めていらっしゃいます。
玉城和樹さんは私が大好きな歌三線の奏者の一人でして、この方の歌声はとても素晴らしいです。
この公演、玉城和樹さんの歌声を堪能できるだけでなく、なにがすごいかというと踊りで出演される立ち方さんや賛助出演される方もすごい方ばかりです。
プログロムを紹介致しますと、
第一部
古典音楽独唱 「作田節」
女踊り 「柳」    「踊り」佐辺良和
二才踊り「高平良万才」「踊り」川満香多
雑踊り 「花風」   「踊り」金城真次
内組踊 「加那ヨー天川「踊り」嘉数道彦・宮城茂雄
第二部
組踊  「二童敵討」
阿麻和利   宇座仁一
鶴松     金城真次
亀千代    玉城匠
母      新垣悟
供1     川満香多
供2     佐辺良和
供3     嘉数道彦
きゃうこ持ち 大浜暢明
古典音楽独唱 「仲風節」
賛助出演 琴 池間北斗 笛 入嵩西諭 胡弓 新垣俊道 太鼓 宮里和樹
皆さん沖縄伝統芸能の第一線で活躍されている大変人気のある方々ばかりで超豪華です。
残念ながら既にチケットは完売していますが、同日琉球古典音楽のCDが発売されますので
また改めてお伝えします。
日時:平成29年1月29日
場所:国立劇場おきなわ小劇場
開場:午後13時半 開演:14時